《目次》

インド料理(インドカレーとナン&マンゴーラッシー)
いちごとマスカルポーネチーズのデザート 
牛タン
ツナのパテ
きのこと栗のおいしいレシピ
手作りイチゴジャム
リンゴケーキ

 


 リンゴケーキ
    18cm
材料 

小麦粉 75g  ベーキングパウダー 小さじ1/2     アーモンドプードル(Almondpulver)  30g

溶かしバター  75g   卵 (Mサイズ)  1個     砂糖   75g

りんご(紅玉や酸味の強いもの) ドイツ-Boscop Elster など 2個

(トッピング用) バター、シナモン、グラニュー糖  適量

下準備

りんご:銀杏(いちょう)切り1個、くしぎり1個。

バター:湯せんにかけて溶かしておく。(電子レンジでもOK)

焼き型:バターをうすく塗り小麦粉をつけて、余分な粉ははたく。もしくはクッキングペーパーを敷く

オーブン:175度に設定して温めておく 

作り方

@:ボールに卵を割りほぐしハンドミキサーであわ立て、途中2回に分けて砂糖を加える。もったりと白  っぽくなるまで泡立てる。

A:@に小麦粉、ベーキングパウダーとアーモンドプードルを加え混ぜる。

B:Aに溶かしバターを加え軽く混ぜる。好みでラム酒、ブランデーをいれる。

C:Bの生地にりんごの銀杏切り1個分を入れて混ぜる。型に流し、上にくしぎりりんご1個分を放射状に  並べる。ちぎりバターをのせ、シナモンパウダー、グラニュー糖を好みで均等にふりかける。

D175度のオーブンで45分焼く。キチンと焼けているか竹串をさして確認。竹串に生地が付いてくるよう ならば、アルミホイルを被せてもう少し焼く。

 



インド料理

これからの暑い季節、日本のカレーライスもいいけれど、たまにはスパイスの効いたインドカレーはいかがですか?
インド人女性から教わった、ご自宅でも簡単にできる本格インドカレーのレシピをお教えしちゃいます。ナン(インド風パン)とマンゴーラッシー(ヨーグルトドリンク)もご一緒にお試し下さい。
 

チキンカレー

【材料】(7〜8人分)
・鶏肉(お好きな部位で) 
・ヨーグルト        
・しょうが          
・にんにく          
・玉ねぎ           
・(トマトピュレ)  
・ターメリックパウダー  
・レッドチリパウダー             
・カラムマサラパウダー 
・クミンパウダー      
・コリアンダーパウダー 
・ローレル        
・クローブ         
・シナモン         
・カルダモン    
・砂糖、塩    
 


1キロ
2カップ
3cm位
2〜3かけ
台1個 又は中2個
(100g程度)
小さじ2〜3
小さじ2〜3(好みの辛さで加減して下さい)
小さじ2〜3
小さじ2
小さじ2
2〜3枚
2つ
2本
2つ
適量


材料


出来上がり

【作り方】
1) 鶏肉にヨーグルト、タ  ーメリック、コリアンダ  ー、クミンパウダーを   合わせ手でよくもみ込  みマリネする。(30分  〜1時 間) 2) しょうが、にんにく、玉ねぎを粗みじん切りにする。

《TIPP》
 このとき、トマトピュレと水少量を加えて一緒にミキサーにかけてもよい。
トマトピュレは無くてもよいが、入れたほうがトマトの  旨みや甘さが加わって美味しいようです。
3) 鍋に油を熱し、ローレ  ル、シナモン、カルダモン、クローブを加えて炒める。香りが出たらAを加え5分位炒め、チリパウダーを加えてさらによく炒める。 4) @の鶏肉を加えてひと混ぜしたらヒタヒタの水を加える。蓋をして10−15分煮て肉が柔らかくなったらガラムマサラを加えてすぐ火を止める。塩・砂糖で味を整える。

★TIPP! さらっとしたカレーなので、バターライスやサフランライス等にもよく合います。


Nan Bread

【材料】
・小麦粉(405)       
・ドライイースト         
・砂糖             
・ヨーグルト         
・ベーキングパウダー   
・重曹            
・バター           
・油              
・塩              
・ぬるま湯          

250g
20g
小さじ1
大さじ1
小さじ1
小さじ1
50g
大さじ1
小さじ1
125cc


材料


出来上がり

【作り方】

1)
 
大きなボールに小麦粉を入れて中央に穴をあけ、ドライイーストとぬる湯、砂糖を加える。 イーストと混ざらないように周りに塩、ヨーグルト、ベーキングP、重曹、油を加える。 2) ボールの真ん中から少しずつ混ぜていき、柔かい生地を作る。ボールにラップを し、熱くしたタオル等を上から掛けて1−2時間発酵させる。(2倍の大きさになるまで待つ) 3) 生地を8−10等分し、
麺棒で薄く伸ばしなから
長めに形作る。

4)

表面に溶かしバターを塗り、230度のオーブンで5〜7分位焼く。(オーブンによって異なるので様子をみながら加減)


Mango Lassi

【材料】

・ヨーグルト 
・マンゴーピュレ        
 (熟したフレッシュマンゴーでも
   可)
・砂糖              
・氷                
・水                 
                             
 

1カップ
大さじ4

大さじ2
1カップ
適量 (好みの濃度で)

【作り方】

 材料を全部ミキサーに入れて
  混ぜるだけ!

 ※砂糖、水、マンゴーピュレの
     量はお好みによって量を調節
     して下さい。

 

 


★上記のスパイス及びマンゴー缶はインド食材店で入手できます。 スパイスは量は多いですが0.7〜1.50ユーロと安く、保存期間も長いのでお得です。
  PANJAB STORE : Karlstr. 133  (Duesseldorf Hbf近くのPostからすぐ)
                                  TEL: 0211-1649256

 

「いちごとマスカルポーネチーズのデザート」

街のあちこちで美味しそうなイチゴを目にするようになりました。手軽にでき、キルシュバッサーのほかヒンベーレン(木苺)などいろいろな果実酒でバリエーションを楽しんでください。

材料:

いちご 20粒くらい

 
A
粉砂糖 大2〜3 
キルシュバッサー 大1 
バルサミコ 小1/2 
レモン汁 少々


B
マスカルポーネチーズ 125g 
生クリーム 1/2カップ 
粉砂糖 大1/2 
キルシュバッサー 大1/2

作り方: 
1.  いちごを適当な大きさに切って、Aの材料と混ぜ、1時間以上漬け込む。 2.  Bの材料を滑らかになるように混ぜ合わせる。 3.  1をガラスの容器などに入れ、2を上にかけて冷蔵庫で冷やす。
 

「牛タン」

スーパーマーケットや街のお肉屋さんで売っている塊の「牛タン」。「ちょっと気持ち悪い」「どうやって調理するの?」と思われた方も多いのではありませんか?ちょっと勇気を出して見ると、冷凍物とは比べ物にならないほど美味しい牛タン料理を楽しむことが出来ます。今回は1本の牛タンから「タンシチュー」「タン塩」「牛タンの味噌漬」の3種類のメニューを作ってみます。

下ごしらえします
牛タンは軽く洗ってペーパータオルで拭きます。
舌先を切りとります
舌先10-15cmを切りとります。
切り分けた舌先は味噌漬にするために 中火で2時間ほど煮込みます。  皮は煮込むと、硬く、白くなります。 舌の皮を剥きます。手で簡単に剥けます。

味噌漬を作ります
キッチンペーパーで水分をふき取り、お好みの味噌を塗りラップで包んで3-4日冷蔵庫に寝かせます。味噌をペーパーでふき取り(水洗いはしません)薄く切ってビールのおつまみにどうそ。
牛タンの皮を剥きます
皮にたくさん肉を残さずに上手に剥ぐコツはあまり欲張らずに少しずつゆっくりとすることです。裏側の太い血管や筋、薄い皮も包丁で切り取ってしましょう。
切り分けます
舌の付け根から5cmくらいを切り落とし(この部分はシチュー用)タン塩用の薄切りを切ってゆきます。10cm分くらいがタン塩で食べてもやわらかく美味しい部分です。
タン塩を作りましょう
薄くスライスした牛タンはフライパンで軽く焼きます。(油はひかないほうが美味しい)
塩とレモンで頂きましょう。
タンシチューを作ります
残りの部分を圧力鍋で煮込みます。生姜の薄切りとお好みで葱を加えて強火で加熱し30−35分加圧し、自然冷却します。
圧力鍋が無い場合はやわらかくなるまで4時間程度煮込みます。
肉を取り出しお好みの大きさに切り、シチューを作りましょう。 すでにタンはお箸で切り分けられるくらいやわらかくなっていますのでシチューの煮込み時間は短めです。玉葱、ジャガイモ、人参、マッシュルームなどお好みの野菜も一緒に煮込みます。 冷凍保存もできます。
  牛タンの煮汁を捨てるのは勿体無いような気もしますが、匂いも強く油も多いのでスープなどに使うのは難しいです。
 

「ツナのパテ」

材料: ゆで卵 2個
材料

できあがり!
ツナ缶 小1缶 
玉ねぎ 小半個
オリーブ 4−5個
パセリ  少々
マヨネーズ 半カップ
牛乳 100-150cc
塩・コショウ 少々
ゼラチン 10g

 

作り方:
1) ゆで卵、玉ねぎ、オリーブを大まかに切り油をきったツナと一緒にフードプロセッサーで滑らかになるまで混ぜる

2)

1)をボールに移し、マヨネーズ、みじん切りにしたパセリを加える。
3) 2)に硬さを見ながら100-150cc の牛乳を加え、塩コショウで味を調える。(隠し味で少量のしょうゆを加えても良い)

4)

ゼラチンを少量のお湯で溶かして3)に加える。
5) 薄く油を塗ったパテ型に移し冷蔵庫で1時間以上冷やし固める。


 

きのこと栗のおいしいレシピ

栗の季節になりましたね。ご家族でGrafenbergの森に栗拾いに出かけられた方も多いのではないでしょうか。
季節の食材「栗」を使って簡単なメニューを作ってみませんか?生の栗の下ごしらえは大変という方はスーパーマーケットなどで手軽に真空パックや瓶詰めの茹で栗を買うことができます。 
ワインに合うだけでなく栗の甘さは子供たちにも気に入られると思います。
材料: マッシュルーム 中5-6個
ベーコン  50g
栗(茹でた物) 10個くらい
にんにく  1かけ
オリーブオイル 少々

 

作り方: 1) マッシュルームを4−6等分に切りにんにくは潰しておく。
2) フライパンにオリーブオイルをいれ 1)の潰したにんにくを中火でじっくりと暖める感じで炒め、オイルに香りをつける。 
3) 2)にベーコンを加えさらに中火で油を出すように炒める。
4) 3)にマッシュルーム栗を加えてさらに炒める
5) 黒コショウで味を整えて出来上がり。 ドイツのベーコンは塩分が強いので塩は使っていませんがお好みで塩も加えてください

 真空パックの栗

 材料

   2)にんにくを炒める

 3)ベーコンを炒める

 

  4)全ての材料を炒める

 

  5)出来上がり

 

 

手作りイチゴジャム

初夏の訪れとともに デュッセルドルフ郊外にもイチゴ農園がオ-プンしています。
日本に比べてはるかに安い料金で、おなか一杯イチゴを食べて持ち帰ることができます。
ドイツにいある間に自分で摘んだイチゴでジャム作りをしてみませんか?   

〈イチゴジャムの作り方〉

材料: イチゴ   1kg
砂糖   700g(へたを取ったイチゴの重さに対してお好みで(70-100%)
レモン汁 1/2個分
リキュ-ル 少々(コワントロ、キルシュバッサ−などお好みで)
作り方:
1.イチゴはきれいに洗ってへたを取る


2.1のイチゴの分量にあわせて砂糖を用意する

3.イチゴと砂糖を一緒に鍋に入れ、焦がさないように中火で煮る


4.砂糖が溶けると泡立って来るので、ふきこぼれないように注意しながら丁寧に灰汁を取る

5.灰汁が出なくなったらレモン汁を加える。その後好みでリキュ−ルを加える


6.とろみが出たら 出来上がり。 


熱いうちにバニラアイスにかけてボナペティ−ト!
保存方法: 〈2-3ヶ月以内に食べきる場合〉
1.瓶をよく洗う。できれば熱湯消毒が好ましい
2.ジャムが熱いうちに瓶の口いっぱいまで注ぎ蓋をして、瓶を逆さまにして(真空状態にするため)置き、そのまま冷ます

〈1年以上保存する場合〉
1.瓶と蓋を蒸し器に入れて点火
2.出来上がったジャムを瓶に注ぎ軽く蓋をして蒸し器に戻す。
3.15分ほど加熱
4.蓋を硬く閉め直し20分加熱消毒
5.瓶を取り出し逆さまにして置き、冷ます

   
※同じ要領、保存方法で ブル-べり-ジャムやほかの木の実のジャムも作ることができます。

*砂糖の量と加熱がおいしく作るポイントですが、過熱については長すぎないこと。


*スプ−ンに煮汁を取り、十分に冷ましてから水の入ったコップに煮汁の雫をたらしてみて、雫の形が崩れずにコップのそこで分解する位が出来上がりの目安です。(右の写真参照)